ルール

床からの高さが2m以上の場所で行う作業を高所作業と呼ぶ。
こうした場合には、墜落した際に危険があるため、足場を作って作業を行う必要がある。
これは、労働安全衛生規定で定められたルールであるため、安全に作業を行うためにも守る必要がある。
当然、高所作業を行う場合には安全帯やヘルメットの着用は必須である。

より快適に

足場を作り安定した作業床で作業を行う事で、安全に業務を行う事が可能である。
しかし、少しの作業のために毎回足場を作るとなればそれは非常に厄介な問題である。
足場設置のコストや手間などが大きく掛かる事になる。
そこで、高所作業車を利用する事によって、足場を作る事なく高所で安全に作業を進める事ができるのである。

危険

高所作業は墜落すれば死亡事故に繋がる可能性もある危険な作業である。
そのため、作業を行う場合には注意するべきポイントが数多く存在する。
具体的には、ヘルメットや安全帯の着用、作業性の良い靴の着用などである。
また、梯子を使って作業を行う場合には補助員が梯子を確実に固定する必要もある。