魅惑の存在

高所で作業を行う人にとって、5mを超える高さの作業は危険と面倒が多い作業となる。
梯子を使うには高すぎ、足場を作るのは手間が掛かり過ぎるという場合に高所作業車が活躍する。
機動性が高く狭い場所にも入り作業を行う事ができる高所作業車は、多くの人にとって非常に便利な存在である。
近年では、必要な時だけレンタルで借りる事もできるだけに、利用者の数は増加している。

資格

高所作業車をレンタルし利用するためには、資格が必要である。
運転技能講習や運転特別教育を修了していなければ、利用する事はできない。
これらの講習は学科と技能の講習が存在している。
既に普通免許を持っている場合には、履修時間は最短5時間であり、比較的容易に所得する事が可能である。

ただし、注意点としては高所作業車は基本的に5トン以上の重さがあるため、普通免許では公道を走ることができない。
そのため、実際に活用するためには大型自動車免許や中型自動車免許が必要である。